五八PRODUCTS

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
CRAFTS
Partner blands
about五八
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - |
mAAchエキュート万世橋の日曜日
今日はmAAchエキュート万世橋での初めての日曜日。
雨の中、多くのお客さまにおいで頂きました。




ワークショップも始めのうちは出足が鈍く心配しましたが、後半は盛り返して盛況のうちに終えることができました。
子供さんたちの喜ぶ姿や、子供さんよりも大人の方が真剣になってのめり込んでいるのを見ると、ほほえましく元気がもらえます。

さすがに日曜日の夕方ともなると静かになりますが、落ち着いたかっこいい空間で落ち着きます。



18日までの営業で、先はまだまだ長いですが頑張ります。
お近くにおいでの際には、ぜひお立ち寄りください。
八か五のどちらかは必ずいますので。

今日はもうすぐ閉店です。
ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。


おやすみなさい。
















 
| goto | その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
梅雨時の革のメンテナンス 2
すっかりレザーのメンテナンスの続きを書くのを忘れていました。
すみません。。。

さて、前回はクリーニングで終わっていましたが、ここからは自己責任のパートに入りますので!

いよいよシミ取りの工程に入ります。
実際はシミ取りというよりシミ薄め・シミぼかしといった方がいいと思います。

必要なものは汚れてもいいタオルが一枚だけ。
汚れているタオルではなく、”汚れてもいいきれいなタオル”です!




作業自体は簡単。
タオルを濡らしてよく絞ってください。
あとはそのタオルで叩くようにしながら、革を濡らしていくだけです。
コツは雨染みの部分はしっかりと水分を含ませ、徐々にシミの部分から遠ざかるにしたがって含ませる水分を少なくしていくことです。
濡れてできたシミをもう一度濡らしてぼかして無くすのが目的ですが、せっかくぼかしても濡れた部分と乾いた部分の境界線がくっきりとあると、今度はそこにシミができてしまいます。
その境界線をなくすためにグラデーションにするんですが、難しければ全体を濡らしてしまうのも手かな、と思います。




↑写真は上半分を濡らして裏側の半分は濡らしていない状態です。
このまま、しばらく放置して乾かします。
乾いたら裏側も同じように濡らしたのちに乾かせばほぼ完成!



before


after

こんな感じに、完全にはなくなりませんが、結構見えなくなります。

基本はこれで終了ですが、このままでだと洗顔後に何もしないのと同じで水分や油分が抜けた状態なので、化粧水やクリームのようなものを塗ってあげると良いかなと思います。




今回の革の場合は手染めの革で色落ちがありそうだったので、革用のローションを塗りました。
これもベッタリと塗ってしまうと、またシミの原因になるので薄く塗って擦り込む感じがいいと思います。
保革クリームなどでもいいと思いますが、今回の革のように色が落ちやすいものはアニリンクリームを使うのが無難な気がします。




一応、ブラッシングも。
ブラッシングは汚れを飛ばして落とす目的と、今回のようにクリームなどを塗ったあとのブラッシングにはクリームを均等に伸ばしたり余分なクリームを飛ばしたりという目的があります。
あと、艶出しですね。
今回は必要ないと思いますが、なんとなくやった感があるのブラッシングしてみましたw。




これで完成!

革には繊維の粗密やシワなどがあって、場所によって染料の染み込みや定着の度合いが違います。
今回のクリーニングで、定着していなかった染料が抜けたのか、クリーニング前には目立たなかったシワなどが少し目立つようになったかな、とは感じます。
均一で綺麗な革もいいですが、シワのある部分も革らしくて好きなので良しとします。




革はこれからまだまだ変化していきます。
初めはもっと彩度の高い鮮やかな青でしたが、3か月たって少し落ち着いた緑がかった青になってきました。
色が変わっていって艶も出てくるでしょう。
擦れて色が薄くなったり傷が入ったりしますがそれも楽しみの一つです。
この後、さらにどう変わっていくか楽しみです。


何度も言いますが、くれぐれも自己責任ですので!












 
| goto | その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
梅雨時の革のメンテナンス 1
普段、五八の事務所までは自転車通勤をしています。この時期は天気予報をしっかりと確認してから出かけないと、雨に降られて大変なことになってしまいます。
先日は予報では雨は降らないことになっていたのに、帰りに小雨が降ってきてしまいリュックがしっとりと濡れてしまい、中を開けるとPC用のケースにしている革の小物入れまで濡れてしまっていました。




何とか中のPC は大丈夫でしたが、ケースは乾いても雨染みがくっきりと残ってしまいました。
革の中に含まれる油分や染料、そして汚れが雨で濡れたときに、境界線部分が濃くなってそのまま乾いて痕になって残ってしまいます。
そこで今日は雨染みを消す作業をしてみようと思います。(多分一般的な方法ではないので、あくまでも自己責任ですが。)

まずは、クリーニングから。
革靴のクリーニングをするときは、タオルをギュウギュウに詰めて型崩れがしないようにしますが、今回のケースは平たいものなので中に詰め物はしませんでした。
半年は使っているので、見た目ではわからないですが汚れているはずなので革用のクリーナーで汚れをふき取ります。





ただし、革によってはこのクリーナーで拭いたときに色が抜けてしまうこともあるので目立たないところで確認します。
今回は内側の耳の部分で一度試してみました。




タオルが少し青くなるので多少は落ちるようですが、耳の部分の色に変化は見られなかったので余分な色が落ちているだけだという判断で、そのまま表面もクリーニングしました。
タオルを硬く指に巻いてクリーナーを染み込ませて、軽く表面を撫でるように拭くだけです。
ほんとうに落ちてるのかな?と思うくらいで十分なようです。


…と、最後まで書こうと思っていましたが、外出しなければいけない時間になってしまったので続きは明日書きます!
中途半端に書くなら、書けるときにかけ!という話ですが…。
スミマセン。















 
| goto | その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
サンタ サンタ サンタ ♪
随分とご無沙汰しておりました 五八PRODUCTS の 八 です。
2014年も残りわずかとなりました。 本当に1年が早い早い。。。。


さてさて、来週は クリスマスですね〜〜
私ども 五八PRODUCTS で昨年度からご紹介・販売を
スタートしております長野県農民美術の サンタクロース
本年は、作り手の方の諸事情により、製作数量が
ごくごく僅かとなりまして、お取り扱いをご希望されて
いました お取引様にも ご期待に応えられず
失礼いたしましたが・・・ 本年度分数量 ごく僅か
ですが以下にて 販売しておりますので ご興味の
ある方は覗いてみてください!
| yaginuma | その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
読売新聞で、はなぶんこを紹介いただきました。



最近、「はなぶんこ」の海外からの問い合わせや雑誌などへの掲載依頼が多くなっています。
少しですが海外とのお取引もあるのですが、たぶんそのお取引先のWEBサイトやショップなどで「はなぶんこ」を見てこちらへ問い合わせが来ているのでは?と思っています。
どこに居ても見られるグローバル通信手段としてインターネットのすごさを再認識している今日この頃です。

もちろん英語で問合せが来るのですが、英語での返信は毎度1時間くらいかけて文章を書いて、何度も読み返して、翻訳サイトで確認して、やっと送信するので大変です。
なので英語のメールが来るとドキドキします。

英語勉強しよう!
とメールのたびに思います。



日本でも、6/23の読売夕刊でご紹介いただきました。
読売の夕刊をとっている方、チェックしてみてください!











 
| goto | その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
サンタクロースはいかがですかぁ〜(^O^)
五八PRODUCTS  八 です。

今年も早いもので あと数日で 12月。
歳を取ると、なおさら早いですよね。。。。。

そんな中、五八PRODUCTS が 9月に出展しました展示会で発表しました
長野県上田市周辺で 90年以上伝わってきた
長野県農民美術

ベテランもベテランの作り手さんが、真心を込めて1つ1つ手作りで
作られる 木彫の
サンタクロース!  可愛いでしょう(笑)

これなら 煙突のないお家やマンションでも、サンタさんは来てくれますよ!

数量限定ですので、気になる方は お早めにご購入下さいね!

五八PRODUCTS  STORE





 
| yaginuma | その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
丸の内 KITTE
 五です。




先日、初めて丸の内にある旧東京中央郵便局の局舎を一部残して建てられた、日本郵政が手がける商業施設『KITTE』に行ってきました。

中は中央に1階から最上階の6階まで広々とした吹き抜けがあって、その天井はガラスなので明るくゆったりとした感じです。
各階を回廊式に見て周るようになっていますが、吹き抜けが広いので圧迫感がなくて贅沢な空間ですね。


さて、そのKITTEのテナントのショップにも五八やパートナーブランドの商品、発見しました!




1階の『e.m. PHARMACY』さんでは旅する石鹸、3階の『Floyd』さんでは224porcelainのおにぎり皿・House for flower・トノヒメ・いちみしちみ等、4階の『マルノウチリーディングスタイル』さんでは丸菱石鹸の無添加石鹸をたっぷり扱って頂いています。
KITTEでこんなに発見するとは思わなかったので、嬉しいですね〜。
ありがたい!

この調子で、少しずつですができるだけ多くの皆様に知って頂けるよう、メーカー共々頑張りますっ!








| goto | その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
気分転換&ライフスタイル展告知
五です。

とうとう6月に入って、梅雨入りしてしまいましたね。
この時期は、自転車で五八の事務所に行けないことが多いので、運動不足になりがちな上に財布にも厳しい季節です。
まあ、年中財布の中は木枯らし吹いてますが。


6月いっぱい、やる事だらけでパンパンなのですが、現実逃避の気分転換にブログのデザインを変更してみました。
うん、すっきりしたかな。
ずっと変えよう変えようと思ってたのですが・・・、なぜこの○ソ忙しいときにやるのか?

今でしょ!

完全な現実逃避です。
行き詰ってます。


6/5(水)〜7(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催される『InteriorLifestyle展』に、224porcelainが出展いたします。
3日とも、窯元の辻さん、デザイナーの馬渕さんと共に五も224Tシャツを着て会場にいますので、是非ご来場ください。
お待ちしています。
- 224porcelain
   西館1階 アトリウム ブースNo.A-31


http://www.interior-lifestyle.com/jp/top.php

『Interiorlifestyle TOKYO』
会  期 2013年6月5日(水) – 7日(金) 
開催時間 10:00 – 18:00 (最終日は 17:00まで)
会  場
入 場 料 2,000円(税込)
ただし、オンライン来場事前登録者および招待状持参者は無料。




| go×hachi | その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
「昔」 に気付く事が、新鮮に見える場合もある!
五八PRODUCTS の 八 です。


産地より戻りました! しかし、関東近郊なのに
往復6時間は、なかなかです。

さて、本日微修正の為 産地へ行き、作り手の方から
嬉しい一言 頂きました!

今回も、基本私は デザインしていないのですが・・・・
作り手の方が、作られているカタチをベースにしているのですが、

何度か訪問した際に、興味深い表現をしていた品物が
工房にあったのを拝見して、「これを基本に試してみましょう!」
お願いしました。

で、初回サンプルを本日拝見した訳ですが、作り手の方も
改めて 窯から品物を出して見たところ、

「昔、普通にこの産地で作られていた 表現方法 だったわ!」
と、自分でも一気に記憶が蘇ったらしいのです。

多分、地元の他の作り手の方が 今回のサンプル見ても
「「普通」 と言われるだろうなぁ〜 」と 思われるくらい
その産地では、普通だったようです。

ですが 技術の発達で、いろいろと便利な時代になり
技術革新による表現方法は、新しく生まれているだろうけど、

その反面、
「昔の様に、悪い環境や、材料・原料が限られる中で
作られてきた カタチや表現 を、いまの便利な時代で
やろうとしても、教科書・マニュアル を見たところで
昔と同じ物は作れないだろうと!」 話されていました。

なるほど! 私も実感させられる お言葉!!

自分の「作りたい表現」を優先したり、便利に慣れてしまう事が
実は、危険なんだ! とも 改めて感じました。

最後に その作り手さんは、
「久しぶりにいろいろと 「昔」 を 試したくなった」と
笑いながら話されていて、きっかけは たまたまでも

その言葉は、お互いに前向きになれる言葉で、
私も嬉しく帰路につきました。

スタートを なんとか切れた この状況を、
じっくりと、いろいろと、進められればと思います。
| yaginuma | その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
黒島 
 データの整理をしていたら、2年前に訪問した佐世保の黒島という島にある天主堂の写真があったので、ちょっと紹介。




↑長崎県佐世保市の黒島という島です。
ご存知の通り、長崎県は江戸時代、唯一公式に外国との交易を認められた藩だったこともあり、キリスト教の布教が盛んで沢山のカトリック教徒が生まれました。
その名残で、なんと言うことは無い小さな島にも教会があります。




こんな感じの何も無い道をてくてく歩いていくと(たぶんバスも走ってないです。)小さな集落が現れます。
そこにぽつんと黒島天主堂があります。




木造レンガ造りの教会で、国の重要文化財に指定されています。
日本ではレンガ造りの教会は珍しいですね。





残念ながら、さすがに重要文化財なので許可が無くては写真が取れなかったので外側だけ。。。
かろうじて外からステンドグラスと天井のアーチを撮れました。
中に入ると白壁と木のコントラストと木造のアーチが美しい立派な教会です。
ヨーロッパの教会は基本的に石造りなので木造だと不思議な感じがしますが、日本の湿度の高い夏の空気とセミの声に溶け込んでいました。

写真でしか見たことは無いでのすが、昔は畳が敷き詰められた綺麗な教会もあったようです。
畳が違和感なく綺麗に教会に収まってて、できれば復元して欲しいなぁと願っているのですが。


↓おまけ



黒島行きのフェリーの中にあった、車のタイヤ止め。
生産工程も収納方法も合理的で綺麗です。
こういうの大好きなんですよ!













| goto | その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
<new | top | old>