五八PRODUCTS

<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
CRAFTS
Partner blands
about五八
PROFILE
SEARCH
<< 六月のホンカグ 終了しました。 | main | 梅雨時の革のメンテナンス 2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - |
梅雨時の革のメンテナンス 1
普段、五八の事務所までは自転車通勤をしています。この時期は天気予報をしっかりと確認してから出かけないと、雨に降られて大変なことになってしまいます。
先日は予報では雨は降らないことになっていたのに、帰りに小雨が降ってきてしまいリュックがしっとりと濡れてしまい、中を開けるとPC用のケースにしている革の小物入れまで濡れてしまっていました。




何とか中のPC は大丈夫でしたが、ケースは乾いても雨染みがくっきりと残ってしまいました。
革の中に含まれる油分や染料、そして汚れが雨で濡れたときに、境界線部分が濃くなってそのまま乾いて痕になって残ってしまいます。
そこで今日は雨染みを消す作業をしてみようと思います。(多分一般的な方法ではないので、あくまでも自己責任ですが。)

まずは、クリーニングから。
革靴のクリーニングをするときは、タオルをギュウギュウに詰めて型崩れがしないようにしますが、今回のケースは平たいものなので中に詰め物はしませんでした。
半年は使っているので、見た目ではわからないですが汚れているはずなので革用のクリーナーで汚れをふき取ります。





ただし、革によってはこのクリーナーで拭いたときに色が抜けてしまうこともあるので目立たないところで確認します。
今回は内側の耳の部分で一度試してみました。




タオルが少し青くなるので多少は落ちるようですが、耳の部分の色に変化は見られなかったので余分な色が落ちているだけだという判断で、そのまま表面もクリーニングしました。
タオルを硬く指に巻いてクリーナーを染み込ませて、軽く表面を撫でるように拭くだけです。
ほんとうに落ちてるのかな?と思うくらいで十分なようです。


…と、最後まで書こうと思っていましたが、外出しなければいけない時間になってしまったので続きは明日書きます!
中途半端に書くなら、書けるときにかけ!という話ですが…。
スミマセン。















 
| goto | その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - |









url: http://5x8products.jugem.jp/trackback/181